企業視察の目的はなに?意味を知って結果が出せる視察研修を実施しよう

視察とは

視察や工場見学は主に自社の業務改善や、優良企業の仕組みを知るために行われ、新人研修などの社内研修として取り組むところもあります。

視察の効果

視察に参加することで期待される効果としては大きく分けて3点ほどあり、そのどれもが自社を改善するうえで欠かせない重要な要素となっています。

自社を再認識する

視察を行うことで他社と自社との違いを再認識し、自社の一体どこが強く、どこが弱いのかを比較することで明確化できます。

成功者の考え方を知る

企業の経営者や、経営の幹部などから新事業の開発話や経営に関する実体験など、成功者の様々な考え方を講義という形で聞くことができます。

高い業績を出し続ける企業の考え方を学ぶ

競合他社がいるにも関わらず高い成果を上げ続ける企業から商品作りの秘密を聞いたり、従業員の満足度が非常に高い企業の作り方など、自社の製品の価値をあげるだけでなく、社員の満足度をあげる方法を実例をもとに学ぶことができます。

視察の内容

企業視察は主に”社内見学”と”講義”からなっていることが多いです。

社内見学

社内見学では視察先企業の社内や工場を見て回ります。工場内には効率化のヒントが数多く隠されていることがよくあるので、隅々までしっかりとチェックし、実りのある視察作りに励みましょう。

講義

社内を一通り見学したあとに、社長や経営幹部の話を聞けることもあります。

どういう考え方のもとにどんな商品が生まれたのか、どこで苦労し、どうやって苦労を乗り越えたのか。普段から何を心がけ、どういう仕事にどういった気持ちで取り組んでいるのかなど、働くうえでとても参考になることが沢山聞けるはずです。

講義途中で分からないことや気になることが見つかったら、必ず講義後に質問し、自分の中で噛み砕いて学んだことを社内に持ち帰りましょう。

自社改善

視察先企業で学んだことは自社に戻ってすぐに全体で共有しましょう。

またすぐに改善できる点があるなら、その日からアクションを起こして変えられるところから変えていきましょう。

少しの改善の積み重ねがやがて大きな差となって表れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました