なんのためにある?見学者と工場側から考える工場見学の目的

視察とは

工場側の目的

自社製品の宣伝

工場見学では自社の歴史の解説から始まり、製造工程から袋詰め、出荷までを見学者に案内し、商品への興味・関心を自然と植え付けることができます。

また工場見学で見たり聞いたりしたことを、見学者が家や職場、SNSなどで発信することで宣伝効果はどんどん高まっていきます。

このように自社の宣伝として、工場見学は非常に高い効果が期待されます。

社員のモチベーション向上

誰の目にも触れない空間ではなく、あえて社外の人間の目に触れることで緊張感が高まり、常に高い生産性を維持する鍵となります。

また、見学者の目に触れることから製造スタッフのやる気の向上など、モチベーションの部分でも良い作用が期待できます。

新商品のプレゼンテーションの一環

取引先に新商品をプレゼンテーションする際に、自社工場の生産能力や商品開発力の高さを示すことで、取引先に安心感を与えることができます。

社会貢献

小中学生や高校生、大学生や社会人など幅広く工場見学を無料で受け入れているところは多いです。

学生の校外学習の役割を果たすとともに、会社のイメージも向上するため宣伝の一環ともいえます。

見学者の目的

社会学習の一環

普段商品として流通しているものが、一体どういう経緯を経て流通しているのか、そこにはどんな人が関わりどんな工夫がされているのか、そういった社会学習をすることができます。

商品が作られる過程を知ることができる

工場見学では製品の原材料から製造、袋詰めから出荷までを追えるので商品が作られる工程がハッキリとわかります。

また、工場内で働く人々をどうやって効率的に動かしているのか、作業員のミスを減らすためにどんな工夫がされているのかなど、生産性をあげるための工夫を観察すると工場見学の質があがります。

他社の優れた点を知り、業務の改善点を見つける

自社の工場の生産性をあげたり改善点を探るうえで、他社の優れた点をお手本として見ることは非常に有効な手立てです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました