工場見学にもコツがあった?!見るべきポイントを押さえて結果を出そう

事前に調べておく

工場見学に行く前に見学先の情報を下調べしておきましょう。

情報を調べる際には視察先企業のホームページやパンフレットなどで、製品カタログを見るといいでしょう。カタログから製造している商品や生産量・業績や利益・社員の数を見て会社の概要を大まかに掴んでおきましょう。

また、業績などの数値だけでなく、会社の特徴を掴むためにも視察先企業が関わっているニュースがあれば、それも合わせて見ておきましょう。

見えているところを見る

工場見学というと製品の生産ラインばかりに目がいきがちですが、それで得られるものは知れています。

ラインを見るときでも、どこにどういう人が何人おり服装に違いがあるかどうかや、活気があるかどうか、工場内の掲示板がどういう意図をもって人を動かそうとしているかなど、既に見えているものであっても見方を変えれば得られるものは大きく変わります。

工場のラインから出てくる製品も重要です。製品の仕上がりだけでなく、オプションやバリエーションなどどんなものがあるのかを、想像力を働かせて考えてみましょう。

工場の外観であっても、綺麗さや大きさに圧倒されるのではなく、天井の高さや空調の有無、どれほどの耐荷重があるかなど、見方を知っていることで見えてくるものはたくさんあります。

情報から想像する

見えているところを見る、は見方さえ分かれば見ることができます。しかし情報から工場内の状態を分析するのは多くの工場見学の経験と勘が要求され、非常に難しいです。

具体的には欠品や在庫レベルなどから工場での生産方法が効率的かどうか考えたりするのですが、数回程度の工場見学でここまでのレベルに達するのは困難でしょう。

安全レベル

安全性は従業員のモチベーションを保つのに重要であるため、ここも優秀な工場として必要不可欠な大切な要因となります。

従業員のモチベーションを保ち続けられれば、技術や能力が個々人に蓄積し、結果として高い専門性を持つ従業員が多数いる工場ができあがります。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、実際に視察や工場見学に行く際に、一番問題になるのは交通手段ではないでしょうか。

人数が多いと車を数台用意しなければなりませんし、電車で移動するわけにもいきません。

そこで、会社前から視察先まで楽にアクセスできる貸切バスをご提案します。

貸切バスなら、運転手不要で一度に大人数が移動できますし、移動時間を活かして車内で会議やミーティングをすることもできます。

もし接待で自社工場にお得意先をお呼び立てする場合も、サロンタイプのバスならお得意様を車内で接待することも可能です。

ぜひ、この機会に貸切バスでの視察や工場見学をご検討くださいませ。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ