行く前にこれだけは知っておきたい、工場見学で得られる3つのメリット

企業が工場見学に行くメリットは大きく分けると以下の3つに集約されます。

  • 生産現場の品質が分かる
  • 商品が作られる過程がわかる
  • 他社と比較することで自社の業務改善に繋がる

この3つのポイントについて具体的に説明していきます。

工場見学で得られるメリット

生産現場の品質が分かる

工場などと初めて取引を考える場合に、その会社の商品だけでなく生産現場自体の品質(働き方や清潔さなど)が気になるはずです。こういった場合に工場見学は非常に有効な手立てとなります。

工場見学で出会う社員の表情や挨拶の仕方から、どんな会社かを読み取ることができますし、実際に製品を作っている生産ラインを見学することでいかにして生産能力をあげているか、いかにしてミスを防いでいるかなど、見学して初めて生産の品質が明らかになるはずです。

商品が作られる過程がわかる

製品の原料受け入れから製品の出荷までを追うことで商品が作られる過程が分かります。このとき、加工や組み立ての際に部品や工具の作業を手助けする”治具”がどう配置されているか見るといいでしょう。

他にも人をどう誘導し効率的に動かそうとしているのか、作業員のミスをどうやって減らそうとしているかなど、細かな部分までよく観察しましょう。

また、安全や衛生面にどれだけ気をつけているかも忘れずにチェックしておきましょう。もし取引するのであればここも重要なポイントになります。

他社と自社を比較し、業務の改善ポイントを見つけられる

取引ではなく自社工場の生産性や、情報の伝達などを改善する目的で工場見学を行う際には、工場見学で見るべき場所をあらかじめ把握しておきましょう。

工場見学へ行くとつい製造ラインだけに目がいきがちですが、建物自体の空調や床の耐荷重を見たり、人の数と制服にも注意しましょう。役割ごとに服の色が違ったりリーダーだけ別の色の服を着ていることがあります。

そういった人たちがどう動いているのか、掲示板でどう動かされているのかも業務の改善ポイントを見つけるうえで重要な要素のひとつです。

まとめ

このように工場見学で得られるメリットはたくさんありますが、どこをどう分析して見るべきなのかを事前に知っておかないと見えてこないものが多いです。

せっかく工場見学に行くのなら見るべき場所をあらかじめ把握しておき、実りのある工場見学を送りましょう。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、実際に視察や工場見学に行く際に、一番問題になるのは交通手段ではないでしょうか。

人数が多いと車を数台用意しなければなりませんし、電車で移動するわけにもいきません。

そこで、会社前から視察先まで楽にアクセスできる貸切バスをご提案します。

貸切バスなら、運転手不要で一度に大人数が移動できますし、移動時間を活かして車内で会議やミーティングをすることもできます。

もし接待で自社工場にお得意先をお呼び立てする場合も、サロンタイプのバスならお得意様を車内で接待することも可能です。

ぜひ、この機会に貸切バスでの視察や工場見学をご検討くださいませ。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ