一体何のため?知っておきたい、工場側が工場見学を開催する4つの理由

工場見学のポイント

商品などの宣伝効果

なによりも大きいのがこの”商品などの宣伝効果”でしょう。工場見学の導入として社員の接客対応から始まり、担当者から製品づくりのこだわりを伝え、実際に工場を見学する・・普段製品づくりのストーリーを知らないまま購入するときは製品に対して何も思いませんが、よく見かける商品であってもこの時ばかりは非常に魅力的なものに映ります。

そして工場見学中に何に気を付けてどうやって生産しているのかを見ることで、さらに商品への関心が高まっていきます。

また、工場見学で感じたことを見学者が周囲の人に伝えることで、工場見学に来ていない人にも商品の宣伝ができるのです。以上のように工場見学による商品の宣伝効果は絶大なものがあります。

しかしながら影響力が大きいぶん、工場内に汚い箇所があったり、接客対応がしっかりできていなかった場合には、商品以外の部分でブランド価値が損なわれる可能性もあります。

社会貢献

工場見学を”社会貢献”のために受け入れているというところも多いです。

これは学生の見学を受け入れ、製品の成り立ちを広く知ってもらうとともに、子どもたちが家に帰ってから工場見学で感じたことを家族に共有してくれるので、宣伝の一環とも言えます。

社員の労働意欲向上

閉鎖的な労働空間ではなく、不特定多数のお客様に工場内での働きぶりを見てもらうことでメリハリが生まれ、製造スタッフのモチベーションがあがります。

何より誰かに見られているという環境は、適度なストレスを与え、製造スタッフの生産性向上に一役買ってくれます。

新商品プレゼンの一環

新商品をプレゼンするために取引先を工場にお呼び立てするときにも工場見学は役に立ちます。

特にどんな工程でどうやってその製品ができているかなど、取引先としても知りたいことは多数あるでしょう。

新商品でなくとも、新たに取引先を開拓するといったケースでも、取引先の信頼を得るために工場見学は有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました